2014年03月27日

花粉症の治し方と注意すること

花粉症の季節に注意すること
花粉を遠ざけるために

洗濯物外出さない
布団を干さない
外出先から帰ったら花粉を払ってから家の中へ
タオルや毛布のような毛の長い素材は特に注意する


およそ3人に1人は花粉症
多くの花粉症の原因になっている花粉がスギだそうです。

それでもスギがやっと落ち着いたかと思ったら次はヒノキ花粉のピークがやってきます。
両方の花粉に反応する人が多くしばらくは症状が続きそうです。

私の旦那は、市販で売れている
ストナリニという薬で、
全く反応が出なくなったので
布団をほしたりしてもだいじょぶなんですが

他にも花粉症の新しい治療法として
舌下免疫療法というのが返しされているそうです。

今までは「減感作療法」として、濃度の低いスギ花粉を注射することで
過敏さを緩和させていたようですが
舌下免疫療法は、舌下に毎日薬を垂らすだけでリスクが少ないとされています。

3年から5年続けることで花粉症がなおるかの性高いらしいです。

もう一つ注意したいのが合併症!

花粉症と合併しやすい口腔アレルギー症候群(OAS)とは
食べ物を食べると喉や口や口の中がかゆくなる問いたアレルギー症状起こす疾患のことです。
花粉症と関連しているものが多いので、花粉が飛ぶと悪化することがあります。

花粉との関連について
スギやヒノキ:トマト
カモガヤ:トマト、ジャガイモ、玉ねぎ
ハンノキ:りんご、 イチゴ、アボガド
ヨモギ:人参、セロリ、レタス
などに反応しやすいので注意しましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。